Pratapad House

最初はPratapadの家を造るまでのプロセス紹介が… 今は海外のディープなグルメ情報の紹介。

Model maniac

『世界の艦船キットvol.1』

GW後半初日の憲法記念日は午前中は前日からの雨を

一部引き継ぎ天候不順。

であればと2018GW模型ノルマを少しでも
消化する事にいたしましょう。

取り出したのは226日発売の『世界の艦船キット』

IMG_1308

01:アメリカ海軍の戦艦アリゾナ

02:イギリス海軍の巡洋戦艦レパルス

03:日本海軍の戦艦金剛

04:日本海軍の重巡洋艦妙高  です。

IMG_1309

最近、艦船キットはバランストが入れられてしまった関係で

神の手を持ってしてもフルハルと洋上の選別は

出来なくなってしまったらしい。

IMG_1310

であれば不必要なものを購入する必要は無いため

最初っからヤフオクでフルハルVerの4艦セット売りを

ポチりました。

IMG_1311

01のアメリカ海軍の戦艦アリゾナから順番に作り上げていきますが

船側に副砲がある艦はめんどくさいですねぇ。

IMG_1312
IMG_1313
02:イギリス海軍の巡洋戦艦レパルス

1/2000ながらも艦が大きめのため比較的作りやすそうです。

IMG_1314

レパルスはレナウン級の2番艦で

19411210日、マレー沖海戦で戦艦プリンス・オブ・ウェールズ

とともに撃沈した艦です。

IMG_1316

作ってみて鈍足の96式陸攻やライターの一式陸攻が

撃ち落とせないと言うことで対空装備は少なめです。

IMG_1317
IMG_1318

 03:日本海軍の戦艦金剛

「バァァァニング、ラァァヴ!!!」

艦隊これくしょんとしては発売されましたが

結局、艦船キットコレクションとしの発売は無しだった船です。

IMG_1319

船側に副砲はアリゾナよりも小っちゃく

100%ピンセットワークですし

IMG_1323

艦橋とマスト、煙突が知恵の輪のようになっていて

順番に組み上げていかないと接着できないパーツが出来てしまいます。

IMG_1321

この艦が製作時間としては一番費やしたかもしれません。

IMG_1324 

04:日本海軍の重巡洋艦妙高

四姉妹の内、三番目に生まれた何故かしら一番艦です。

IMG_1325

妙高も金剛同様に艦橋、マスト、煙突が知恵の輪状態です。

IMG_1326

重巡でも1/2000になると主砲も度小っちゃいです。

IMG_1327

2018GWワークとして『世界の艦船キットvol.1

コンプリートです。

IMG_1329

 

世界の広さを感じたくないなぁ。

今年のお正月に製作した艦船キットをショーケースに収納すると
結構ぎゅうぎゅうになってきましたねぇ。
IMG_1291
IMG_1290
この後の艦船キット続編『世界の艦船キット』内の
ラインアップで帰国子女の金剛と巡洋艦で妙高が含まれるため
それらはそのままこのケース内に収納する事にして
アメリカ海軍の戦艦アリゾナ、イギリス海軍の巡洋戦艦レパルスは
このケース内に収納するのはちょっとねぇと言うことで
外船専用ケースとして久しぶりにポチってしまいました。
IMG_1292
ただどこに設置しましょうかねぇ。
IMG_1289
直して使う予定だった故障PCはT市のジャンクショップに
引き取ってもらおうかなぁ。

2018模型生活三日目

本編は1月3日終日の日記です。
IMG_1282
お正月休みラストは旧年4月17日発売のWKC VS6で
片割れのグリフォン・スピットを作ってみる事にいたしました。
IMG_1283
Aから順に製作し組上げ時のコツを掴みましょう。
機体にソリがあるため輪ゴムを用いて
しっかり完全固着を待ちます。
IMG_1284
機体完全固着後、次の課題は機体と主翼の接着部分隙間です。
隙間を発生させる原因の一つである主翼の接着部分塗料を
デザインナイフで除去した後に接着し輪ゴムで固定し
完全固着を待ちます。
IMG_1285
固着するまで脚の細々としてパーツの組上げを行います。
トータルとしてパーツサイズ、部品点数から見ても
1/2000艦船キットと比較すると1/144飛行機は余裕~。
IMG_1286
ただ在庫同一機種(10機)ばかりを作り続けていると
流石に飽きます。

ただ組み立ては容易でも艦船キットに無いめんどくさは
やっぱりデカール貼りでしょう。
IMG_1287
ただこれを貼るとデカールの多さから外国の飛行機は
手間でも見栄えしますので完成後の満足度が高いですねぇ。
IMG_1288
WKC VS6の残り片割れMe163B コメートも
暇を見ながらそろそろ作らないとデカールが心配ですなぁ。
スピットでも一部デカールがバラバラになりましたからねぇ。

2018模型生活二日目<其の2>

本編は1月2日PMの日記です。

次の空母は蒼龍ですが艦載機をどうするか迷いがあったため
先に戦艦陸奥の製作に取りかかります。
陸奥がリリースされる前にファイナルを迎えてしまった為
販売されることは無い戦艦なのかと思っていました。
IMG_1273
完成後は以前製作した姉妹艦長門と並べてみます。
IMG_1274
最後にホビーガチャ艦攻機を水偵機扱いで
カタパルトに乗っけて独自アレンジです。
IMG_1280
続けて軽巡長良 阿武隈です。
IMG_1275
ほどほどのサイズで部品点数も少ないため
一番簡単、短時間で完成しました。
IMG_1276
最後に蒼龍ですが船体は流石正規空母、
支柱も副砲も無く簡単に組み上がりました。
IMG_1277
次に艦載機ですがF-Toys純正とホビガチャを
MIX搭載はしたくなかったためホビガチャで統一し
多めの艦載機を搭載させる事にいたします。
IMG_1278
そうした場合、加賀で経験しためちゃめんどくさい
主翼のヤスリ成形が必要になります。
IMG_1279
一発勝負の甲板接着を完了し
今回製作艦を一同に揃え完成撮影。
1/2000でも結構見栄えがするでしょう。
IMG_1281

2018模型生活二日目<其の1>

本編は1月2日AMの日記です。

前日の伊号シリーズの製作に満足感を得られたため
二日目は艦船キットコンピレーションを
手掛ける事にいたしましょう。
IMG_1259
艦船キットファイナルを終えてからのコンピレーションとは
文字通り「編集したもの」→再販?でしょうか。
vol.1の赤城、蒼龍とVol.2の加賀が含まれます。
IMG_1260
何から手掛けようか…確か空母が比較的簡単だったような…
曖昧な記憶で赤城から作り始めると反省。
IMG_1261
確かに正規空母は作るのは簡単だったけど戦艦からの
改装型空母は超めんどくさかった事を思い出しました。
IMG_1262
この甲板支柱は1/2000おろか1/700のウォーターラインシリーズ
で作ってもめんどくさい代物でした。
IMG_1263
さて艦載機ですが…
コンピレーション「編集したもの」ですからVOL.1と同じで
そのままだと面白くないと言うことで
加賀の艦載機移植積載する事にいたしました。
IMG_1266
完成させると早速、前作赤城と比較してみましょう。
やっぱり艦載機が多い方が見栄えましますね。
IMG_1267
さて次は加賀さんです。
加賀も赤城同様に甲板支柱と副砲がめんどっちぃです。
IMG_1269
こっちの加賀さん艦載機は以前、某T氏に貰った
1/2000ホビーガチャ艦載機を乗っけることにいたしましょう。
IMG_1264
ただ成形加工が思いっきり大変です。(船作るよりも…)
過去の信濃作成時、艦載機増量を目的として
同艦載機を乗っける事を考えました。

その時、主翼でデザインナイフで成形を試みたら
21型零が32型零に変わっちゃいましたからねぇ。
IMG_1270
今回は大きめにカットした後、一機ずつチビヤスリを
用いて主翼の成形を行います。
IMG_1279
この主翼成形作業時ホビーガチャ品は主翼が
分厚くて助かりました。
純正F-Toys製では羽根が割れちゃって無理です。
全18機主翼の成形を完了しましたら一発勝負で
甲板に接着です。
IMG_1271
全機接着が完了したら赤城と比較してみましょう。
元々1/2000ですからねぇ。
写真でも引き伸ばさない限りは艦載機の識別困難、
これなら大丈夫だぁ。
IMG_1272
記事検索
プロフィール

パントレ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ