Pratapad House

最初はPratapadの家を造るまでのプロセス紹介が… 今は海外のディープなグルメ情報の紹介。

Aquarist

LED化計画。<最終編>

ジャンク品LEDライトは白色しか入手出来なかった為
先回、1800*750*600水槽のみ赤発色蛍光灯のLED化が
出来ませんでした。
IMG_1293
まだ余りの白色LEDライトが残っていましたので
何とか赤発色に変更出来ないものかと考え
自動車ヘッドライト用の赤フィルムをアマゾンで購入し
張ってみることにいたしました。
IMG_1294
フィルム貼りで埃は天敵の為、室内で作業をしていると
別の天敵が現れ困ってしまいます。
「おまえは手伝わんでいい!」
IMG_1299
張り方は車と一緒でフィルムに少量中性洗剤入り水を
霧吹きで吹きかけ100鈞で購入したヘラでフィルム内の
空気抜きを行い余分なフィルムはデザインカッターで
処理を施します。
IMG_1296
レッドフィルム貼り使用前/使用後を確認するとこんな感じです。
IMG_1298
従来蛍光灯を取り外しこれで80W分です。
IMG_1301
レッドフィルム付き40WLEDライト実際に水槽にセットし
点灯させると…「赤過ぎねぇ?」
IMG_1305
仕方なく折角貼ったレッドフィルムを一部剥がし
赤発色を調整。
取り敢えずこんなもんかなぁ。もうちょっとかなぁ。
IMG_1307

LED化計画。<後編>

LEDライトに変更し夜効果の確認をするとやっぱり明るい。
水族館のライトアップみたいで綺麗。
ただLEDライト取付ドダイとアクリル板の間から漏れてくる
光がめちゃめちゃ眩しい。
IMG_1390
LEDのブルーライト光は目に宜しくないと自社製品でも
PRしているし対策をしないといけないですねぇ。
それで思いついたのは反射板の取り付けです。
市販のアルミ箔ではぺらぺらで耐久性が全く無いため
蒸着機内のマスクに用いるアルミを分けて貰う事にいたしました。
このアルミ切りはよく労災が起こるのでアマチュアは
手を出さずにプロにカットしてもらいました。
IMG_1388
その後、軽量物ですから紙の両面テープを
取り付け準備は完了です。
IMG_1389
帰宅後、早速取り付けを行います。
自宅で手を切っても労災にはならないのでここは慎重に…
IMG_1392
早速、最も眩しいと感じていた水槽にセットすると
「うーむ。これだったら目に優しい。」
「水槽内がより明るくなったかも…」
IMG_1394
取り合えず熱抜けも考え全水槽LEDライト片面に取り付けを
完了しました。
IMG_1397
残りの赤系蛍光灯を何とかこれもLED化したいですねぇ。

LED化計画。<前編>

これだけ沢山大型水槽を稼働させていると
特に冬場は電気代がね…

ヒーターの次に電気を食うのは循環ポンプよりも蛍光灯です。
何とかこれを省電力にしたいのですがLEDライトは発売当時、
非常に高価でした。
最近は値下がりをし続けていますがまだまだ通常蛍光灯より
高価品です。
投資をするにもこのLEDライトどこら辺で価格が下げ止まるのか
分からないと言うこともありなかなかLED化の決断が
出来ずにいました。
IMG_1376
ただそんなとき30年以上通った半田水園さんが閉店すると
言うことになり店舗で使用していたLEDライトを格安で
譲り受けることになりました。
IMG_1368-1
当初は1200LED40W*3本予約しておきましたが受け取り
当日お店で確認するとまだ1200LED40W*2本と600LED20W*1本
が残っていると言うことでしたので「じゃ全部。」っと大人買いし
1200LED40W*5本と600LED20W*1本を
購入する事にいたしました。

購入した長物の運搬はリアハッチの86はとても便利です。
IMG_1367
帰宅後、LEDライトも発熱しないと言っても水槽の蓋に
ダイレクトに設置は気が引けたためアルミのL字金具を
両面テープで接着しLEDライトのドダイとします。
IMG_1377
赤系蛍光灯以外の蛍光灯の撤去を始めると20W蛍光灯が18本で
消費電力は蛍光灯点灯時360W。
IMG_1378
新たに設置した1200LED40W*4本と600LED20W*1本で
180Wと消費電力は半分にする事ができました。
更にはこれまでの蛍光灯よりも明るいですし
夏場の水温上昇も軽減できるためまずまずです。
IMG_1387
ただこのLEDライトのポットライフは
どれくらいになるのだろうか。
切れてしまった時の買い換えコストがちょっと心配です。

Night Aquarium in Takeshima。

夏休みの最終イベントとして竹島水族館ナイトアクアリウムへ
行って参りました。
IMG_1102
以前より趣向が変わってほぼ暗闇の水槽を
小型のLED懐中電気で覗くと言うものでした。
IMG_1101
ただこの懐中電気無しには水槽内がよく分からないため
視野も狭まりこの手法は明らかに改悪だと思いました。
IMG_1103
昨年訪れた時にカッピーは家のメイクーンサイズでしたが
1年後レトリバー並に成長しておりました。
IMG_1107
カピバラはこんなに大きくなるとは…
これって齧歯目ですよね…
IMG_1108
これまで同様な仕様は入り口近くの「お触り生け簀」ですが
触られているカニ、サメ、虫たちが気の毒でしかないですなぁ。
IMG_1110
今年はこの煎餅を購入し罰ゲームにするのは辞めよう。
IMG_1111

0円アロワナ水槽計画-番外編-

新規に設置し引っ越しを完了した魚たちが
引っ越しのストレスの影響からここ数日餌を食べてくれません。
IMG_0911
それでLDからの光を遮るために段ボールを設置しましたが…
高級魚が泳いでいる割にかっこわるい。
IMG_0909
それでホームセンターでブラックスクリーンの代わりになるような
部材を購入いたしました。
IMG_0910
設置後、水槽部屋からの見栄えはまずまず。
ただ接着することまでは控えましょう。
IMG_0912
魚が落ち着いたらLDからビールを飲みなが覗きたいですからね。
IMG_0914




記事検索
プロフィール

パントレ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ