Pratapad House

最初はPratapadの家を造るまでのプロセス紹介が… 今は海外のディープなグルメ情報の紹介。

Fisherman

2018秋釣り-琵琶湖編partⅡ <後編>

ターゲットの陰すら踏めずにいろいろ長浜を徘徊する。
ヤバいかも…本当に今回は坊主?
IMG_2994
結局、諦めきれず先回爆釣ポイントに
前の釣り人が去ってから入ってみる。
この時期、タナゴの群れが小さいので
普通このパターンはダメダメに成ってしまうのですが…
すると…居たー!!
IMG_2992
こんなコンディションなら♀でもメチャメチャうれしい。
餌を付け直し再投入するとぽつりぽつりとは釣れ
今回もギリ坊主逃れ。
IMG_2993
ただ釣れたら釣れたで欲が倍増。♂が欲しい。
水槽増量、当初の目的をちょっとでも達成したい。
でぇやったー。
IMG_2999
続けてチビでも♂2匹は確保というところで
アタリが完全に遠のきました。
日が高くなり水草の間に魚が隠れてしまったみたいです。

たまに釣れるのこんなのだと早起きと高速運転の疲れが
どっと出てきます。
IMG_2991
まっ自宅の120,90水槽と会社の90水槽二つに
タナゴの補充が出来たため十分でしょ。
無理に頑張ると帰りの運転が心配になるので帰りましょう。
IMG_3001
帰路でお土産を物色しましたが今回は自分用に…
IMG_3002

2018秋釣り-琵琶湖編partⅡ <前編>

オーナー 「パントレ君、琵琶湖で採ってきた奴は10匹ぐらいの
   小さい奴をチョイスしてくれ。」
パントレ 「Yes, Your Majesty.」
さぁどうすっべ大きなカネヒラは…
でぇ♂タナゴ専用水槽を作ってみた。
IMG_3039
パントレ 「おお。結構栄えるべ。もうちょっと居てもいいかも…」
…で結局、先回釣行から一週間後、再び琵琶湖へ赴く事に
先週あれだけブータレたので“きしめん”はオーダー出来ず
早朝から背脂たっぷりの博多ラーメンもちょっと微妙。
IMG_2987
琵琶湖に到着すると取り敢えず先回と同じルートで探索いたします。
天候が良かった為、今回は同業者が居るみたい。
早くタナゴが溜まっている場所を探さないと…
IMG_2990
先回爆釣ポイントはその同業者に入られてしまったため
諦めて別ポイントに…
IMG_2988
やばい…またこのパターンか…
ポイント到着から1時間4カ所彷徨い、まだ坊主。
IMG_2989
台風近づいていて夕立のあり強風の先回の方が
グッドコンディションだったとはどういうことですか…
IMG_2996
後半へ続く…

2018秋釣り-海釣りファイナル編 <後編>

翌々潮目を自社製の偏光レンズで観察していると
フィッシュイーターっぽい
中型から大型魚の魚影は群れで確認される。
ただハードルアーもソフトルアーも完全に無視される。
IMG_7097
1時間キャストをし続けバイトが無いと流石に飽きる。
…で保険に購入したストローを投入すると即ターゲットをゲット。
「なーんだ。やっぱり居るじゃん。」
IMG_7106
ただ活き餌を使うとやっぱり今回もフグ祭りです。
このコンディションは全く変わっていません。
IMG_7099
三連休最終日と言うことも有り釣り餌屋が保有する
ストローを全部購入してきましたが7本ぽっきり。
釣り人2名で7本は真剣釣りを始めたら1時間前後で終了です。
IMG_7105
このようなハンデ付きの状態でも風で沖堤表面が
ザワザワし始めると夕まずめ勝負まで我慢できなくなり
「一本だけね。」と沖堤表面へ落とし込みを開始する。
IMG_7107
ただいつもと違うのはヘチ面を落とし込んで着底後は
2~3秒間2回誘い鯛アタリが無ければ即回収を繰り返し
着底後、長時間放置すると即フグの餌食になってしまうからです。
そんなとき重量感のあるアタリが…即タイと確信し合わせる。
IMG_7100
スリットの中に逃げ込もうとするが引っぺがし
沖に走らせる。秋の鯛は小さくても良く引きます。
IMG_7102
網不要の引き抜きサイズですがこの条件下では
貴重な一尾です。
IMG_7109-1
この後は風が凪いでザワザワ感が無くなった為、
ヘチへの落とし込みは断念し潮通しの良い場所で
前打ちに変更します。
IMG_7104
希望はシマシマですが最後までチビセイゴに虐められて終了
こんなにセイゴはいるのにルアーでは全くバイトしてこない。
中々TVで見てるようにルアーフィッシングは簡単では無いと
言うことですね。
IMG_7111
今回の釣行で2018年の海釣りは終了になりますかねぇ。
まっ今年は初夏にいい鯛が釣れたので
良い年だったと言うことに致しましょう。
IMG_7113

IMG_7110


2018秋釣り-海釣りファイナル編 <前編>

IMG_7091
9月23日管理人とフグ三昧を堪能(?)し2週後の再び大潮
いつものアイランドへラストチャレンジとして渡提しました。
IMG_7085
今回のチャレンジはいつもの黒鯛、シマシマターゲットでは無く
先回、ワサワサ状態だった青物をいつもと違う釣り方で
チャレンジしたい…というような企画です。
IMG_7086
渡提直後は干潮の底で魚釣りには向かないため
web用写真撮影に徹します。
IMG_7084
今回の釣行では管理人に振られ会社の同僚が同行し
運搬用軽トラは自前でドライブの為、いつもの銀はやれず
管理人仕様の銀を頂きます。
IMG_7094
潮が満ちてくるまで
いつものように昼食から昼寝で時合い待ちです。
ただ日陰で昼寝をしていると風が冷たく
もう夏のお昼寝とはコンディションが違います。
IMG_7092
14時頃渡提時より水深が1m弱深くなったので
目的の釣りを始めると…
セイゴが興味を示しチェイスはあるが口には
咥えず見切られる。
「意外と賢いじゃん…って言うかオイラがへたくそ?」
IMG_7095
ただ2週間前と違って餌になる小魚が今日は居ない。
目論見が完全に外されたみたい。
IMG_2921
<9月23日撮影>
混半へ続く…

2018秋釣り-琵琶湖編 <後編>

7時半に雨が上がり少し天候が回復傾向。
まっここがダメなら諦めて帰還しましょうっと
糸を垂らすと…ウキがすっ…
IMG_2954
魚がいるいる。
このままカネヒラ♀が入れ食い状態になりました。
坊主をほぼ覚悟していてカネヒラですから
♀だって全然いいじゃん…ただ♀ばかり釣れまくると…
やっぱり♂が欲しい。闘志がメラメラメラ。
IMG_2955
魚のたまり場にいた♀をほぼほぼ釣り切っちゃたら
次は♂の連ちゃんモードです。
IMG_2956
嬉しさと次なる手返しへの焦りからタナゴ針で
指先を釣って痛たたたたた。でもうれしい。
IMG_2957
絶望から絶頂へ
こんなに釣れたら今回、琵琶湖今年ラストと決めていた
気持ちが揺らいでしまう。
IMG_2959
ただこのような長物が釣れ始めると
今度は♂も打ち止めになってしまったみたいで
コレしか釣れずに納竿といたしました。
IMG_2960
帰路への準備で湖北水鳥ステーションに立ち寄り
魚のにおいが付いた手を洗いトイレを済ませ
道の駅でお土産を物色します。
IMG_2961
ただこれは辞めにしておこう。
無駄な報復お土産を貰いたくないからなぁ。
IMG_2964
ノルマでは無く自分へのご褒美は
養老上りSAでおすすめご当地ソフトを頂きましたが
ポスターに記載されていた通り「一度食べれば十分な味でした。」
IMG_2972


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

パントレ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ