Pratapad House

最初はPratapadの家を造るまでのプロセス紹介が… 今は海外のディープなグルメ情報の紹介。

Fisherman

ひょっとして2017ファイナル?<後編>

IMG_0990
最近は日没が早まった為、17時前に夕まずめモードに
突入いたしました。
IMG_0988
夕まずめになると急に活性が高くなる魚が…
鮎より小っさい此奴の活性が高くなると一気にモチベーションが
低下します。
IMG_0981
鮎以下が入れ食い状態になり
山からは鳶も餌探しを始めたため
このチビセイゴで鳶の餌付けにチャレンジしてみます。
CIMG1077
鳶達は一羽当たり一匹のセイゴがあれば十分と
山に帰っていきました。
CIMG1078
さて日没まで残り30分で超本気モード。
だってこのままだと2017年は鯛無しの年になってしまいます。
粘って頑張っていると節の有る重めのアタリが…
少し送り込んだ後、合わせ「ヒット!」
スリットに入られたら終了してしまうため出来るだけ沖に誘導。
「白!」「そんなに大きくはないけど貴重な一尾、網で掬うか。」
IMG_0992
「坊主逃れ。且つ2017年も含む。」
この後は再びセイゴの猛襲から餌が底に届かず
釣れるセイゴは皆痩せているので相当お腹が空いているのか。
手元が見づらくなってきた事と根掛かりにより仕掛けを
ロストした事をきっかけにして納竿。
IMG_0994
行きの穏やかな湖状態の渡堤と異なり帰りは
風速10m程度の風にうねりを伴いブリュンヒルトは
横波を受けながらチャプンチャプン。
普通は日中から夕方風が吹いて夜無風なのですが
これってやっぱり異常気象?
IMG_0995
港に戻ってボール拾いを目的にポケGoを起動させると
パントレ 「あれれ。沖堤がある?」
管理人 「沖堤で起動させると足下が海だったような…不思議だ。」
IMG_0996-1
後にいつものラーメン屋で反省会ならぬ
私がポケGoで使い切れていなかった道具から
ジム戦用バトル要員のバンギラス、カイリュウの
技変更を教えて貰いました。
IMG_0997
その夜、釣り片付けを完了しお風呂に入ってサッパリした後
地元黄色ジムで新技効果の確認。
カイリュウの“はかいこうせん”→“げきりん”
ハンパない破壊力で超ご満悦です。
IMG_0998

ひょっとして2017ファイナル?<中編>

そろそろ釣り本編へ…

渡堤時、無風プラス波どころか潮の流れも無し
もう10月に入ったのだから涼しいだろうと思いきや
無風の影響と着込んで来た事もあり超暑いです。
まっ前打ちで潮が少しでも流れているところを探りますが
「コツコツコツ」アタリのみ。
CIMG1052
パントレ 「100%フグだな。」
IMG_0971     
管理人はと言うと「ぎゃあ重い。強いと言うよりもひたすら重い。」
パントレ 「鍋に出来そうだな。」
CIMG1060
管理人 「竿が折れるかと思った。」
CIMG1059
満潮近くなって潮が動き出し
更には風速7~8m程度の風が吹き出しので
沖堤の表面がザワザワ言い始めました。
IMG_0975
チャンスタイム!と言うことで
海水浴側から灯台に向けて落とし込みで探ります。
IMG_0973-1
最初に「来たー!」っと思ったら管理人と同じ奴です。
IMG_0977
気を取り直し探っていると「ギューン。」
スリットに入られ「ブチ。」糸が高切れしました。
「くっそーフグじゃなかったのに…」
IMG_0974
次は必ず仕留めるっと気合いを入れ直し
「ヒット!」今度はスリットの中から引きずり出します。
「引きは強いけど…白く無い。」
表層まで引き上げるとブルーアイ。
IMG_0972-1
網を使う気になれず引っこ抜きます。
ネタとして管理人に記念写真を撮って貰いました。

25cm越の秋のグレはよく引きます。
まっ引きだけこのエリアでは食べない魚のため
即リリースです。
IMG_0979-1
この後、私はこのサイズのグレを4枚仕留めました。
管理人 「俺もそいつでいいから釣りたい。」
パントレ 「重い奴だったらもう釣ったもんでいいじゃん。」
管理人 「重いよりも引きのいい奴を釣りたい。」
IMG_0983
パントレ 「おっ来たみたいだな。楽しめ。」
管理人 「最初の奴とは全然違う。」
IMG_0986-1
後編へ続く…

ひょっとして2017ファイナル?<前編>

CIMG1042
パントレ 「今年、鯛釣ってないなぁ。」
管理人 「先回釣行予定日は台風だったし
    最近はポケGoのレイドが忙しいからな。」
パントレ 「今度ラストのつもりで行ってみるか。」
管理人 「日曜日だったらオレンジさん仕事で
              ポケGo出来ないから大丈夫。」
CIMG1038
パントレ 「相変わらず人の携帯でゲームか。」
管理人 「俺は絶対スマホは買わない。」
CIMG1048
パントレ 「その拘りはハム師匠みたいだな。」
管理人 「でもハムさんはAR付きアプリ欲しさに
    スマホに切り替えるかもしれないな。」
パントレ 「えぇー。あのお堅い師匠でそれは無いでしょ。」
管理人 「それは分からんぞ。
  だって毎月沼津遠征するほどの生粋のラブライバーだ。」
パントレ 「その情熱はよく分からんねぇ。」
CIMG1055
管理人 「ところでカメラにゴミが写り込むぞ。」
パントレ 「あっ本当だ。まっ携帯でも写真は撮れるから大丈夫よ。」
管理人 「ところで携帯いつ替えるんだ?8買わんのか?」
パントレ 「ここまで我慢したんだ。X買う。」
管理人 「金持ちだな。」
パントレ 「おいら携帯コロコロ替えないんで贅沢しても大丈夫。」
CIMG1047

'17.July 海へ。<後編>

CIMG0985
日も傾きはじめそろそろ本気モードに突入しないとやばいと
感じ集中力を高めます。
短時間でも大物が口を使う時間帯を捕らえたい。
CIMG0986
ただ時合いに突入すると更に活性が高くなったチビカサゴに
悩まされ続けます。
CIMG0982
ここまでキャッチアンドリリースしたカサゴの数は
管理人と合わせると百近くに到達したかもしれません。
アタリに対する合わせによる手首の疲労と
カサゴの頑丈な口から針を外す人差し指と親指に
ダメージが蓄積されます。

CIMG0987
海のコンディションとしては沖堤に当たる波でザワザワ感があり
ドラマが起こる演出としては最高なのですけどね。
CIMG0994
またに別のアタリを中層で感じると…鮎以下です。
CIMG0979
日没近くなりカサゴと同型の寅次郎まで出没。
CIMG0983
更に悪いことに日中からアタックを受け続けてきたカサゴ達の活性が
日没近くなり更に高まるのでした。
CIMG0999
一瞬もドラマを期待し続けましたがこのカサゴアタックで
モチベーションは崩壊。
CIMG0996
お土産獲得無しに日没納竿となりました。
CIMG1011

CIMG1026
陸に帰還後はいつもの一色のラーメン屋で反省会です。
CIMG1032
最近、揚げ物が…などと管理人にフェイクを咬まされながら
若鶏の唐揚げとニラもやし。
CIMG1034
〆に台湾ラーメンを頂きつつジム戦新ルールと
バトル無しでジムへの乗っけ方を教わりました。
CIMG1037

'17.July 海へ。<前編>

7月に入り管理人がやっと週末休みが取れると言うことで
海に出かけることにいたしました。
CIMG0969
先回は雨天、雷注意報より延期いたしましたが
当日は晴天の更には大潮で大物狙いの期待が高まります。
CIMG0967
唯一心配としては西風による苦潮(青潮)ですが
当日は南の風と言うことでたこ祭りにはならないことを
期待したいです。
CIMG0965
二ヶ月ぶりの第一投目、
いきなりゴツゴツと更には餌にやたらと固執アタリ。
合わせると…ピヨッと。
CIMG0962
「ちっちぇーカサゴだぁ。」
「取り敢えず魚が釣れると言うことは苦潮による蛸祭りは回避だな。」
「それはそれでOKじゃん。
  オレンジさんに土産で生きた奴持って帰れよ。」
「絶対、怒られるから無理。」
CIMG0972
日陰で潮通しの良い灯台周りで釣りしていると
ヘチに落としても…
CIMG0974
前打ちしても同サイズの此奴ばかり。
CIMG0968
流石に1時間ちびカサゴバトルが続くと
この場所は無理と言うことで管理人は恵比寿海岸へ
愛知県迷惑条例違反を犯しに向かいました。
CIMG0966
渡堤前にワイキキビーチ近くで見かけた
年齢18歳前後アイドル系容姿に
ビキニ水着ハイグレード3名を見かけましたので
釣りは小休止がてら他の獲物を狙いたくなると言う
管理人の気持ちは良くわかります。
CIMG0971
パントレ 「どうだった?」
管理人 「居ない。」
パントレ 「どっちが?(あのビキニギャルor魚)」
管理人 「両方居ない。」
CIMG0992
パントレ 「恵比寿海岸に居ないなら諦めて
              真面目に釣りをするしかないね。」
管理人 「そうする。」
CIMG0978
でも釣れてくるのは同サイズのちびカサゴ。
フグも居るみたいですがフグより
先にこのチビ達に捕食されてしまうらしい。
CIMG0976
それ以外は餌を奈落の底ならぬ岩の隙間に
じわりじわりと引き込むカニもやっかいな外道です。
BlogPaint

CIMG0973
…後編に続きます。
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ