Pratapad House

最初はPratapadの家を造るまでのプロセス紹介が… 今は海外のディープなグルメ情報の紹介。

2016年07月

生体同封不可。

明日からのベトナム渡航に向けて
また四泊五日分のパッキングをしていると
トラ猫のリン太郎が現れました。
IMG_0657
パントレ 「鞄には入れんぞ。一緒に行くのか?」
IMG_0660

はーど・ぼいるどEpisode145 その伍。

最終日は予定通り5時チェックアウトで空港へ向かいます。
運良く眠そうではありましたがタクシー歴22年と自慢する
おっちゃんを捕まえることが出来ました。
IMG_0030
空港に到着すると…
チェックインカウンターは無秩序行列が出来はじめていました。
IMG_0031
6時スタートの筈なのですがカウンター受付のノタノタで
15分遅れで受け付け開始、こう言うルーズさが
この空港の定刻出発が出来ない要因の一つになるのでしょうね。
IMG_0032
更にはチェックイン時に「Aisle seat, please.(通路側を御願いします)」
と言ったにも関わらず窓側を割り振られる。
IMG_0033
普通二時間Flightぐらいであれば我慢も出来ますが
空港混雑も含めて三時間~三時間半トイレに行けないのは
結構、辛いです。
IMG_0034
カミュー。

はーど・ぼいるどEpisode145 その四。

中国滞在四日目は午前中、丹陽で客先回りを行い
昼食まではこちらのエリアで頂き、午後、上海へ帰還いたします。
IMG_0019
この日上海は42℃とめっちゃ暑で
高速サービスエリアでは全員一緒にお約束を頂きました。
IMG_0020
上海市内に入ると夕立と渋滞がセットでやって来ました。
ただ車内温度計で外気表示は夕立後は一気に34℃まで
下がりました。
IMG_0021
虹橋に到着すると常宿にチェックインを済ませ
夕立の雨が上がったのを確認していつものルーティーンワークの
両替に出掛けました。
気温は30℃前後まで下がってくれたので一安心です。
IMG_0022
両替からHotelに戻ると「あれれ。あの人は…?」
「何で両替屋のオヤジが…」
Hotelロビーで日本人親子が30,000元(JPY50万弱)の
両替を目撃、成る程あれぐらいの金額になると
デリバリーもしてくれるのか。
BlogPaint
晩ご飯は先回、満員により入店できなかった本格日本料理店に
今回はしっかり予約をして向かいました。
IMG_0024
読みにくいメニューからお奨めを数点チョイス。
やっぱりコレ系は上海虹橋でないと食べられませんね。
IMG_0026
一押しの夢カサゴは…鮮度の問題かイマイチでした。
やっぱり深海系はデリバリー時間的にこのような拘り店でも
無理かもしれませんね。
これは地元で喉黒食べていた方が断然おいしいです。
IMG_0027
さて明日も5時半チェックアウト目標にちゃっちゃっと帰国準備を
いたしましょう。カミュー。
IMG_0028

はーど・ぼいるどEpisode145 その参。

中国滞在三日目は嘉興Hotelを朝7時チェックアウトして
丹陽に向かいます。
丹陽では新規顧客と行き成り会食と言うことになり
本格中華を昼からご馳走になりました。
IMG_0013
晩ご飯は香港チームのココがご馳走してくれるということになり
ココチョイスで丹陽新規ショッピングウォール内にある
北京ダック専門店へ向かいました。
IMG_0015
ココとイン君に注文を任せたら
肉肉肉、肉料理ばかりで野菜無し、ゲンナリです。
IMG_0017
カミュー。

はーど・ぼいるどEpisode145 その弐。

中国滞在二日目は嘉興に昼まで滞在し
そのあとで杭州へ向かいます。
IMG_0008
杭州に到着、客先と1時間ミーティングを行い
そのまま会食になりました。
ここでも日本料理と言うことになり嘉興、杭州で
とりあえず味はさておき連チャン日本食とはほぼ奇跡ですね。
IMG_0009
お酒のメインは苦手な清酒の冷やです。
これを韓国焼酎の代わりに乾杯、一気、一気です。
IMG_0011
一升瓶が空になり区切りよくお開きになりました。
次回は響17年を持参して欲しいとリクエストまで貰ってしまい
今後、この酒宴がルーティーンになるのでしょうかねぇ。
IMG_0010
いつも車の運転がありますから呑めませんと
逃げ回るJさんもイン君の代行運転有りと言う条件を
突きつけられたら今回は諦めて飲むしかなかったですね。
イン君にはご褒美として高速のサービスエリアで
アイスをご馳走しました。
BlogPaint
カミュー。
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ