Pratapad House

最初はPratapadの家を造るまでのプロセス紹介が… 今は海外のディープなグルメ情報の紹介。

2013年08月

はーど・ぼいるどEpisode96 その禄

翌朝、昨晩の夜更かしから朝寝坊を決め込んでいたのであるが
韓国のイエローに叩き起こされる。

結局、午前中韓国トラブルに頭を悩ませ
そのままワーキングは空港ラウンジにまで持ち込まれるのでした。
IMG_3130
今回は金田同行が無いのでチェックインから出国審査まで
超スムーズです。

ラウンジではマイデスクでのワーキングは非常に捗ります。
ただ…そろそろパスポート更新しないとダメっぽいな。
カミュー
IMG_3131

はーど・ぼいるどEpisode96 その伍

朝一にJ氏の友達と一緒に韓国系会社を訪問し
一緒に上海へ戻ることになった。
IMG_3115
このパターンは以前、交通事故同一メンバーのため
私はリアシートで今回はしっかりシートベルト着用するのでした。

14:00に呉中路のリトルソウルで遅いランチを頂くことになりました。
メニューはここでも韓流「明洞カルボックス」
IMG_3116()
大きな日本語で盛り上がっているテーブルに目を向けると
パントレ 「あれれ?JLのCAさんだ。あの人見た事ある。」
J氏 「JLはサービスが悪いですね。」
パントレ 「えっ何で?」
J氏 「アジョンマばっかりですよ。」
パントレ 「確かに…たまに若い娘は中国人だったりする。」
J氏 「それはいけませんね。」

呉中路でJ氏達とバイバイして久しぶりの虹橋常宿へ向かう。
こちらではチャーリーがネタ作りに協力してくれました。
それで写真で靴のような形のビルのお店へ向かうのでした。
BlogPaint
出向いたお店は『HOOTERS
IMG_3118
店内は日本語、英語が余裕で通用するので安心感はあります。
IMG_3122
BlogPaint
ただ…パントレ 「あのスカートは?」
葵くん 「みんな下腹がぽっこりしていますよ。」
チャーリー 「着せ替え面接はやっていると思いますけどね。」
IMG_3119
パントレ 「韓国、日本と比較すると迫力不足ですね。」
パントレ 「まっ公に写真撮っても怒られないから、まっいいか。」
IMG_3120
久しぶりに楽しいお酒を飲んだのでちょっと夜遊びモードへ
IMG_3123
葵くんの聖闘士星矢熱唱で盛り上がるのでした。
IMG_3124
私のお給仕かがりの小姐は「朝顔さん」
IMG_3125
仕事柄夕顔だろ?っと突っ込みを入れたかったが辞めておこう。
IMG_3126
ウィスキー1本呑み切ってところでお開き
全身オイルマッサージで丹陽での疲れを癒すのでした。
IMG_3128
カミュー

はーど・ぼいるどEpisode96 その四

午前中は新規お客様を訪問する。
社長は体調不良により早退してしまったため
こちらの会社は次回、再訪問と言う事で再調整を行う。
IMG_3110
こちらの会社も駐車している車は全てゴージャスなため
徐々に卑屈になってしまった我々は
「恥ずかしいので車を遠くに駐めましょう。」


丹陽では一日に大凡3社を行ったり来たり
ローカルな街の道もめちゃめちゃ覚えられてしまいます。
IMG_3102

今回はこちらの韓国料理店で昼ご飯2回、晩ご飯で4回
お世話になりました。
IMG_3112
今晩で丹陽最終日と言う事で
最後にもう一度松茸をオーダーする事にするのでした。
IMG_3114
カミュー

はーど・ぼいるどEpisode96 その参

前日、床拭き掃除会社で午前中セッティングを実施する。
IMG_3103
35Mラインから製品が出てくるのは2時間後と言う事で
その間に新規のお客を訪問する事にした。

こちらは社長専用車が3台。全くどんだけ金持ちやねん。
IMG_3106
めぼしい結果が得られないミーティングの後、昼食へ
貧乏人の外国人出稼ぎワーカーは20元(320円)の
ビビンバで空腹を満たすのでした。
IMG_3107
再び床拭き掃除会社に戻ると庭の錦鯉池の水替え中
中国でこの錦鯉を購入すると如何ほどになるのだろうか。
IMG_3111
スペシャリストと呼ばれた日本人が今、中国ではインド、
パキスタンからの出稼ぎ労働者と同等か…はぁー溜息。

晩ご飯は昼食を摂った韓国料理店でサムギョプサル。
腹一杯ニンニクを食べてスタミナ補充をするのでした。
IMG_3109
カミュー

はーど・ぼいるどEpisode96 その弐

翌朝は朝一からポセイドンの会社へ…っと玄関前で
車を探すと…けっ次はシュトュットガルトか!
IMG_3101
こちらはレンズと設備手配が完了していたため
早速、ワーキングスタート。
IMG_3098
まずは全てのバルブの機能を確認し液入れをスタートさせると
背面側でデロデロデロ。
「誰だ!トラップを仕掛けたヤツは!!!」
IMG_3099
現地販売価格16,000円/kgを10kgほど新設の床に
ぶちまけてしまうのでした。

その後は床の拭上げで2時間。
「はぁ~疲れた。」
仕事を終えご機嫌斜めな私を労いJ氏が
再び松茸をご馳走してくれるのでした。
しっかり機嫌が良くなるげんきんな私です。
IMG_3105
因みに松茸は北朝鮮製で3本180元(2,880円)です。
一般の中国庶民からすると高価品ですかね。やっぱり。
カミュー
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ