Pratapad House

最初はPratapadの家を造るまでのプロセス紹介が… 今は海外のディープなグルメ情報の紹介。

2013年06月

フィールドテスター3 その③

その後も大~極小のギルの猛攻に悩まされる。
此奴が周りにいると此奴らに捕食され側のタナゴなんか
絶対に近づいてこない。

更にはこのギル釣った後、琵琶湖にリリースが出来ない。
IMG_2649
対応に悩んでいると、通りかかったフレンドリーな釣り人が

「基本、リリースはダメ。
 でも防波堤に放置は悪臭とかで漁港の漁師さんが
 困るからコレも良くない。
 食べるのが一番いいけどそれはちょっとね。
 それで妥協点としては〆てから琵琶湖にリリースと言う方法が
 いいと思うよ。」

「ありがとうございます。それに習わせて頂きます。」


ギルは釣った後もめんどくさくなるため釣り場所を
変えて再チャレンジ。

すると…
「おっおー!ターゲット!」
IMG_2654
ただアマチュアのためタナゴの種類まではよく分からない。
早速、ブクブクをセットしキープ。
これでやる気になって脚で稼ぎながら防波堤を探ってみると
DVC00047

IMG_2653

IMG_2655
どれもよく針に掛かるなぁっと言うようなサイズ。

スタートから苦戦していた管理人にも遂には…“ギル”
BlogPaint
タナゴ釣り名人情報では日の出から10:00までと15:00から
日没までしか釣れないという情報から10:30頃納竿とした。

結局、この段階でキープタナゴは2尾。

この状況をタナゴ釣り名人に報告すると
「だったら知人が今日が琵琶湖に行っているから連絡してやる。
そちらに貰いに行きなさい。」
BlogPaint
パントレ「これで一安心。これでオーナーに顔向けが出来る。」
パントレ「管理人。昼飯奢るから帰りの運転宜しく。」
IMG_2657

フィールドテスター3 その②

到着した漁港で始めたのは当然、釣り。
この目的のためコストよりも時間を優先したのだ。
DVC00046
ターゲットは「タナゴ」。

実はオーナー指令により6/16に桑名までお魚オークションに
出かけたが今年、タナゴの出展は無く獲得することが
出来なかった。

そのリカバリーとして自ら琵琶湖まで「タナゴ」捕獲に
乗り出したのです。
IMG_2645
私としては海釣り、渓流釣りの比較的、高難易度の釣りを
クリアーした経験からタナゴ釣りはオイカワ、カワムツ釣りで
針を小さくしたようなもので何とかなるだろうと
この段階では軽く考えていた。
DVC00044
しかし名人に教えてもらったタナゴ用釣り餌は“活赤虫”
まず最初に苦戦したのはコレの入手。
冬のワカサギ釣りシーズンには比較的どこの釣り餌屋でも
入手できますが明日から7月の夏にコレを入手する事は難しい~。
DVC00043
西尾市内で3軒の釣具屋を当たって無し。
仕方なく県内の大型釣具店上州屋、天狗堂、フィッシィング遊、
イシグロに片っ端から電話を掛け、
やっとの事で見つけたのは釣り具のイシグロ西春店。
コレを購入のため前日は西春を往復したのです。


仕掛けは道糸0.5号ハリス0.3号タナゴ針3号と極繊細仕掛け。
特にタナゴ針は1/2000F-TOYS艦船キットコレクション艦載機
より小さく裸眼で目を近づけないと見えねぇ!
DVC00040
釣り始めると早速アタリ。
浮子が消し込むのを待ってひょいと合わせて小っちゃい魚が
釣れてきたので早速ターゲットかと喜ぶと…
「違う!ギル!!度ちっちぇー!!!」
IMG_2644
気を取り直して赤虫を二匹掛けして投入すると…
ぎゅいーんとロッドが撓る。
「え?」「あれあれ?」「これ系サイズは想定してないよ!」
「道糸0.5号、ハリス0.3号で防波堤抜きあげが出来るのか?」
「えーい。ダメもとで…」
釣り上げたのは20cm弱のギル、黒鯛なら2歳ってな感じ。
BlogPaint
「極小から大までギルだらけじゃあねぇかぁ!」


後編に続く

フィールドテスター3 その①

結局、各務原から帰って就寝できたのは0時近くになった。
そこから4時間睡眠で起床、30分で支度を終え管理人宅へ向かう。
今回86に装着したのはETC,ナビ。
電源供給口の不足からレーダー稼働は諦める。
IMG_2642
04:45に管理人をピックアップし
23号→名古屋高速16号→一宮JCT→名神で西に向かう。
今回はコストより時間にプライオリティーを置いた
コース選択を行った。


05:30 朝食とトイレ休憩のため伊吹山PAに立ち寄る。
こちらで朝食に名物料理を堪能しようと試みたが
この時間だとクローズ、伊吹山!使えねぇ!!
BlogPaint
東海北陸、長浜ICで降りて北上15km。
駐車場探しに苦戦はしたが06:30には目的地に到着した。
IMG_2650
中編に続く


珍しく呑んで無くてよかった。

出張明けの土曜日、午前中に止ん事無き事情により
西尾⇄西春を軽で往復した。

でぇ…現在、19:30。
17:30に自宅を出発し今こちらでトイレ休憩。
IMG_2638
この後、待ち合わせで各務原に向かう。
私は一体、何をしているのだろう。
IMG_2639

はーど・ぼいるどEpisode94 その伍

帰国日最終日も午前中はしっかり仕事です。
それも先回事故に遭遇したルートで上海郊外に向かいます。
橋を上る手前のこの変だよなぁ。
IMG_2634
J氏もやっぱり気にしているのか今日は妙に車間距離が広いです。
昼食は酒の悪魔キムさんのいらっしゃる会社で馳走になる。
IMG_2635
「次回は一緒に晩ご飯を食べましょうね。」と誘われたが
「OK」とは即答せずに微笑み返しで答えるのでした。
まっ日本的には察してください。

仕事を終えそのまま浦東空港へ向かう。
IMG_2636
今回もいろいろありました。
怪我無く帰還できるのであれば、まっいいか。
IMG_2637
カミュー


記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ