Pratapad House

最初はPratapadの家を造るまでのプロセス紹介が… 今は海外のディープなグルメ情報の紹介。

2010年09月

はーど・ぼいるどEpisode15 その参

今回も散々な韓国出張であったっと一人反省しつつ
釜山の空港でブランチする事にした。
CIMG0352
このような場面で以前は身体に優しい『うどん』と言う選択で
あったが身体に優しい『とうふ味噌チゲ』を頼むようになってしまった
自分は知らず知らずに韓流に毒されてきてしまっているところが
非常に恐ろしい事だ。
CIMG0353
カミュー


はーど・ぼいるどEpisode15 その弐

梁山区で一日のミッションを完了し
夕食はサンギョプサル(豚三枚肉)を頂きました。
CIMG0345
一次会で偉いさんとはバイバイし気の知れた黄さんと
過去にいろいろあったビアホールで
韓国ベースボールクライマックスシリーズをTV観戦しつつ
二人でピッチャーを呷る事になった。
CIMG0348
二人でピッチャー1杯平らげたところで…

パントレ「そろそろ引き上げましょうか。」と提案すると
黄さん「えっ今、いいところですよ。今、釜山の攻撃中です。
  釜山のファンは日本でいくと阪神ファンによく似ています。
  釜山が勝っているときに席を立つとソウルファンと勘違いされて
  攻撃されますよ。もう一杯オーダーしましょう。」
パントレ「俺はアンタに攻撃されているように思うけどね。(T_T)」

その後は釜山の打線が爆発してクライマックスシリーズ第一戦は
ソウルに対して釜山が快勝と言うことになった。


ゲームセット後開放されて梁山区のジャンに向かうと
やっぱりジャンですからね。
幾ら酔っていても自分の身は自分で守らないと…
っと言うことでドアチェーン錠をしっかり掛けて
CIMG0351
室内に入ると『ギュルギュルギュル
パントレ「やっぱり寒空の中でビールを飲み過ぎたか。」
トイレに向かおうと内ドアを空けようとすると…
パントレ「あっれぇー!!!(゚∇゚ ;)エッ!?」
CIMG0349
あわててフロントに
パントレ「Help me! The doorknob broke.
It is not possible to go out. Please help me!!

フロントアジョンマ「ヨボセヨ?ヨボセヨ? 」
パントレ「ダメだ。英語が通用しない。 」

とっさに携帯でさっきまで一緒に飲んでいた黄さんに連絡を入れる。

黄さん「あっパントレさん。また飲み直しますか? 」
パントレ「違ーう!!! 
これこれこうと事情を説明する。

パントレ「最悪なのはドアチェーン錠までしてしまった点と
    私のお腹の状態が非常に悪いという点です。
 一刻も早く救出していただけないと二度と恥ずかしくて
 梁山の地を訪れることが出来なくなってしまいますよ。
 」
黄さん「ハッハッハッハ。それは大変ですね。 」

えっ(゚∇゚ ;)エッ!? 今笑ったよね。こいつ。マジ笑ったよね。
何という奴らだ。(#`皿´) ムキーーーー!

韓国人は日本人が困っているのを見ると非常に楽しいらしい
対イルボンでは度Sな人種になるようだ。

黄さん「ハッハッハッハ。
    私がフロントに話しをしてあげますから
    もう少し我慢してくださいね。


何だ?最後のハートマークは?(#`皿´) ムキーーーー!ムキー
それから20分後に無事救出されたパントレは
なりふり構わずトイレに駆け込むのでした。
CIMG0350
カミュー


はーど・ぼいるどEpisode15 その壱

半年ぶり釜山を目指すことになった。

JAL便の消滅以降、セントレアから釜山までは
小型ジェット737一便のみユルユルと2週間前に
予約を入れようとしたら…
KEL「満席です。」
パントレ「えぇーもうアポ取っているのに…
あっ…でも満席なら性がないか。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ」
と言うことで往路のみYクラスからCクラスに格上げして
釜山に向かうことにしてみた。


空港ではCクラス特権によりチェックイン時間を大幅短縮。
余った時間を有効活用してラウンジ巡りを行うことにした。

まずは出国審査前のカードラウンジ。
CIMG0336
取り敢えずは毎回ノルマの生2杯を1杯に短縮し一軒目をクリアー。

次は出国審査完了後にJALサクララウンジに向かった。
CIMG0338
カードラウンジは紙コップであったが
此方は冷やしたグラスが準備されている
ビールも黒とレギュラーのプレミアムが2種類。
CIMG0337
そんなん当然、両方試さなければいけないでしょっと
今日、3杯目までクリアー。
CIMG0339
更にはサクララウンジ名物のサクラあんパンを頂いた。
CIMG0340
「うーむ。これは外れだな。桜の塩漬けが上に乗っかっているだけか。
やっぱりここはパンの中に桜餅が入っている方が
高級ラウンジらしくグルメっぽくて良いと思う。」


Cクラスと言う事も有り搭乗手続き開始ギリギリまで
サクララウンジを堪能しゲート前に向かうことにした。


ここら辺のステータスに慣れてしまうと
もうYクラスには乗れなくなってしまいますね。きっと。
CIMG0341
機内では1時間ちょっとのフライトであるが
豪華な機内食が用意された。

流石にここでもビールは飲み飽きているため
ここは『赤』を頂くことにした。
CIMG0342
釜山に到着する頃にはお腹満タンで
且つ酔いもいい感じに回ってきてとても心地よい。


釜山空港からはタクシーで東菜の温泉宿に直行し寛ぐ事にした。
遅いランチが豪華過ぎたため自腹の夕食は
質素に済ませる事した。
CIMG0343
カミュー

招き猫

「ただいま」
CIMG0354
「うっ今日はこんなところで…」
ただじーっとしていると市役所の税務課の人が言っていたが
「あっ毛皮が動いた。」っと驚かれるのも無理はない。
CIMG0355
ただこの毛皮をいると税金が高くなりますか?っと
本当に心配するオーナーであり家主が其処にいた。

週末は再び海へ

9月最後の大潮(実際は大潮明けの中潮)で
再びプライベートリゾートに上がることにした。
IMG_0339
台風12号の通過後で波と風を両方心配したが
この地が岬で丁度風裏に当たるため危険を感じる事は無かった。

同行者は今回もハム師匠にお願いし先回習得したギル…
否、鯛釣りをお復習いして頂く事にした。
IMG_0341
日没までの2時間半に集中力を高め投入すると
思いの外、容易に(ちょっとこまかい)ターゲットが
ゲットできてしまったので…
IMG_0340
銀色を頂きながらユル釣りモードに自然移行した。

海は先回と異なり汗ばむような事はなくTシャツ一枚だと
寒さを感じさせるほど完全に秋の気配だ。

海の中での変化は厄介者の数がぐぐっと増え活性も
高くなってきている。

木っ端グレも湧いて来ているので
そろそろ此処での釣りも直に終了かな。
IMG_0338
夕まずめにもう一つのターゲットこの時期限定のシマシマを
一枚ゲットして終了。
IMG_0342
日没後は満潮の潮止まりになって
一気に海中の生命反応が遠のいた。

寒さも一層厳しくなってきたため
IMG_0348
月明かりを頼りに楽園を後にする事にした。
IMG_0349
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ