Pratapad House

最初はPratapadの家を造るまでのプロセス紹介が… 今は海外のディープなグルメ情報の紹介。

2010年08月

はーど・ぼいるどEpisode13 その四

第2ラウンドとして朝から再びラグナ地区に向かうことになった。
連休明けの性か妙に道が混み合っている。
30分ほど渋滞に揉まれて原因を発見。
CIMG0249
ブログ記者魂が目覚めひたすらシャッターを切る。
そんな中、昨晩の悪夢を思い出しカメラから逃げ回るT澤さんが
其処に居た。
CIMG0250
アイマスクで表情をお見せできないのが非常に残念である。

この事故現場を過ぎると道の混雑から解放され
予定よりも少し早くラグナ地区に到着した。

ラグナでは以前、一緒に東京で遊んだ時に鯨、馬それぞれの
生肉をご馳走してあげたフィリピン人に再会した。

当然のことながら彼の脳みそには私の記憶が
しっかり刻まれていたみたいで
直ぐに打ち解ける(?)事が出来た。
ただふと彼が東京で酔っ払いながら言っていた事を思い出した。
それは「リメンバーパールハーバーならぬ。リメンバーフィリピン」
と言う言葉だ。

…っと言うことでランチのお誘いを受ける前に逃げるように戦場を
離脱する事にした。
逃走後は日本人チームのみで再び高速道路のSAで
普通のパスタを頂いた。

食後、マニラ市内に向かうと渋滞、渋滞、再び渋滞。
よかった。さっきのSAで食事とトイレを完全に終わらせて於いて…
CIMG0251
ラグナ出発から2時間後に何とかホテルに到着した。
まっ先回の韓国大田~ソウルへの4時間渋滞に
比べれば大分優しい。

ホテルに到着すると前日同様SMマートにビールの
買い付けに赴いた。
SMマートの鮮魚コーナーに陳列されるお魚たちは
青かったりオレンジ色の斑点があったりクチバシがあったりで
決して美味しそうとは言えませんなぁ~。
CIMG0254
夕食は熱帯魚がメニューに無いリトル東京の『瀬里奈』へ
再び向かった。
常しえの南国マニラで“寄せ鍋”をオーダーして頂くことにした。
これは2年前同様、絶品。雑炊までしっかりいただきました。
CIMG0255
食事中、昨晩の『Blue Angel の Sally』から携帯が
鳴りつつけていたがここは無視して直球勝負の『妖しい街』に
繰り出すのでした。
CIMG0256
カミュー

 

はーど・ぼいるどEpisode13 その参

今日はミッション第壱ラウンド。
午前中にラグナエリアに向かう。
当日、フィリピンのナショナルホリデーと言うこともあり
通常1時間掛かるルートが30分で到着してしまった。

客先は早い時間からウェルカムで向かい入れて貰えたため
マル・ハチ・サン・マル時からヒト・サン・マル・マルまで
無塵着、安全靴、安全メガネの完全防備にして戦場で汗をかく。

ランチは現地ワーカーにどこがいい?っと聞いたところ
高速道路のSAに日本飯屋があるぜ。っと教えて貰った。
早速向かってみると……何か微妙(T_T)
CIMG0225
メニューを確認すると……
各所に『SUMO』の文字を確認。
表示はYakisoba レギュラー150P、SUMO390P
というような感じである。「見切った。」
店員「それでお客さん何にしますか?この店はSUMOがお奨めです。」
パントレ「いや私は緑のノーマルザクで結構です。」
店員「それではお飲み物は?」
パントレ「あっ高速道路なのにBeerと表記があるのがあるじゃん。
      コレにする。」
店員「畏まりました。今お持ちします。」
CIMG0226
パントレ「氷入っているし…何かイメージとは違うような…」
「ウッゲェー(; ̄Д ̄)ガムシロップ入りのサロンパスを
飲んでいるみたいだ」 一口飲んで終了ー。
その後のYakisoba レギュラーも不安になったが…
こちらは旨くもなく不味くもなく何とか食す事ができた。
CIMG0227
食後、ホテルに帰還するとまずは近所のSMマートに口直しの
ビールを購入しに出かける。
この写真は以前HPで使った使い回しのものではありません。
単なるデジャブです。
CIMG0228
購入したビールを冷蔵庫にぶち込んで……
ソルジャー筋力鍛錬場に向かうことにした。
CIMG0230
昨日覗いたときにはビキニのお姉ちゃんが居たのに…(TДT)
今日はよりによって五月蠅い韓国人野郎3名。
当然協調性の欠片も持ち合わせない彼らは不規則に泳ぎ回り
プールを独占している(`□´)コラッ!
CIMG0229
だから韓国人は海外で嫌われるんだよねぇ。

夕食はマニラでお気に入りの日本料理屋SERINA済ませ
今晩はジャブ程度にマニラナイトを楽しむのでした。
うっこれもデジャブか?
CIMG0232
(本人は全身モザイクを希望していたがこれぐらいの写真なら
大丈夫だろう。ねっT澤さん。) 

ただこんな罪作りな写真を私は撮影した覚えは全く無い。
翌朝データを確認するとこの写真を発見した
店内の誰かがカメラを勝手に持ち出し撮影を行ったようだ。
「グッドジョブ!」( ̄ー ̄)ニヤリッ
カミュー

はーど・ぼいるどEpisode13 その弐

成田に前泊し翌朝7時にはホテルを出て成田国際空港に向かう。
JAL中心の駐機場で747はめっきり見かけなくなった。
CIMG0128
これは経営改革の一貫として燃費の悪い747は全て売却、
高燃費の中型機787等に切り替えを行うらしい。
ただ新規購入の787は国が購入しJALに宛がうらしい。
この購入資金は当然、我々の税金である。
こんな状況でJAL社員は我々よりも遥かに高い賃金で雇われている。
分かっていても中々納得できない状況である。

フィリピンマニラアキノ空港に到着するとタイからの和Dさんと合流し
予約したホテルタクシーでホテルに向かう。
CIMG0129
滞在予定のホテルは以前、日航ホテルであったが
現在はタイ系チェーンホテルに売却されタイ風模様替えが
完璧に施されて改装が完成していた。
CIMG0130
夕方になって先回南京に同行して頂いた増DさんとT澤さんが合流。
当日、レンタタクシーの予約していなかったため
ホテルから徒歩で移動可能な日本料理屋へ向かうことにした。
(常識的に日没後はこのような行為はとても危険な行為である)

この日本料理屋は以前はラーメン、焼き鳥、餃子をメインに
営業していたが最近は高額で利益率が高い鉄板焼きを始めたらしい。
CIMG0132
当然、〆はラーメンと言うことになるのであるが…
CIMG0134
T澤さんのリクエストで一品だけフィリピン料理らしきものを頼んでみた。
料理名は“マトウダイの甘辛揚げ”
CIMG0131
一口食べて…微妙~。
やっぱりマトウダイは鍋に限る。カミュー。

はーど・ぼいるどEpisode13 その壱

二年ぶりにデインジャラスな南方戦線に赴く事になった。
いざ戦場に向かおうと思ってもJALの経営破綻から
セントレアからの直行便は皆無になり、
殆どの航路が一端成田にかき集められて出発と
言うことになりつつある。
CIMG0126
セントレアからもフィリピンエアは飛んでいるのだが
もし万が一の場合、航空会社によって『命の値段』が異なるのだ。
最も最近、中国国内で落ちて死者に支払われた保証金は
300万円とクラウン一台買えない金額である。

アジアで最も貧しい国と言われるフィリピンの航空会社での
命の見積もりは幾らほどであろうか。

JALは幾ら経営破綻しているとはいえ日本人平均命価格で
支払って貰える。
ここはあまり海外格安エアを選択して命の安売りはしないことだ。
カミュー。

 

小さい満月

今日は今年一番で満月が小さく見える日らしい。
因みに今年大きく見えたのは1月30日だったらしい。
同じ満月でも大きい満月だったり小さい満月だったり…
何か不思議だなぁ。
CIMG0122
                           2階の天窓より

記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ