GW突入前に再チャレンジを模索したが
天候不順により渡提することが出来ず
結局はGW前半突入してしまった。

何故、GW中は嫌だったかと言うと
この期間、沖の島へ潮干狩りに出掛ける人達が多く
港から島まで漁船がピストン輸送を行っている。

この合間を縫っての渡提はとても危険だからだ。
この日も漁船同士であわや正面衝突…と言う瞬間も目撃した。
CIMG8396
それだけ人の立ち入りを拒むプライベートアイランドで有るが故に
魚影の濃さは地続き提とは異なる。
こんなのも
CIMG8400
こんなのも
CIMG8407
こんなのも(?)釣れる。
CIMG8404
ただ今年は少々細かいのが玉に瑕。
夕まずめになると更に活性が高まる。
CIMG8401
そんな時合いに携帯がブルブル
誰だろう?っと確認すると「あっハムさん。」
CIMG8402
パントレ 「渡ります?」
ハムさん 「今日はいいです。」
丁度、管理人が木っ端メバルをヒットさせたので
管理人さん 「魚見えるかな?」
パントレ 「300mmだと辛くない?」
ハムさん 「ブログネタに使わせて貰います。」

ハムさんが帰還の途に就いた後、遂に本命ゲット。
CIMG8409
この時期限定の(小~中)ビール瓶アイナメ。
こちらも今年は少々こまめに大瓶がいないようだ。
生きてる内にサクっと活き〆して血抜きをした後、
大量の氷の中に投入。
こうやって〆た魚はお刺身で頂くと全然味が違います。
CIMG8410
ただ全員が全員ハッピーならいいのですが…
中には運から見放される人も…性が無いね。
自然相手だもん。
CIMG8405