Pratapad House

最初はPratapadの家を造るまでのプロセス紹介が… 今は海外のディープなグルメ情報の紹介。

はーど・ぼいるどEpisode179 その̪伍。

前日、酒宴の前の話題で明日12時出発の列車であれば

2時間ぐらい臨海観光していけばどうだ?という話になり。

「万里の長城がありますよ。」と韓国人Jのきな臭い話に

乗せられてOKしてしまった事に後々、大後悔する事になるのですが…

IMG_2318
まず観光に出発前の各人の体調ですが最悪です。

前の晩自室に戻ったら気絶したりゲロしたりしていた人に対して

初っぱなから急な階段が立ちはだかります。

IMG_2316

最初は前を行くショーパンツの小姐のお尻を見ながら

階段半分はクリアーしましたが最後まで追走は無理!

IMG_2322

日頃の運動不足が祟り膝と腿が笑い出す。

もう無理、これってどんな冗談だ!(心の叫び)

IMG_2326

北京で行った万里の長城はもっと見晴らしが良く景色が良かったけど

ここは木と虫ばかりで遠方の景色は全く楽しめない。

IMG_2330

興善門観光客センター--紫陽街(千仏井--人民銀行--方一仁)
西門街--台州府城壁(朝天門--望江門--鎮寧門--興善門)
全長約
3000メートルのコースですが100m程度のアップダウンは有り。

IMG_2333

汗だくヘロヘロ無口になりながら何とか2時間で完歩。

後々、観光ガイドで確認するとこれは万里の長城の一部なんかでは
無く
単なる城跡だったことを確認しまた韓国人に騙されてしまったと

自身反省するのでした。
IMG_2336
(韓国人にこれまで騙され続けてきたのに…また)

しばらく麓の台州府城壁で休憩し臨海駅へ向かいます。

IMG_2338

ここから上海まで3時間の乗車と言うことで

ランチは駅構内で汁物を頂きます。

IMG_2337

次は上海虹橋駅終点がゴールと言うことで爆睡して

行こうと思いましたが強烈な体臭(異臭)を放ちつつ

IMG_2342

爆音の鼾を響かせる乗客が隣に来てしまったため

終点まで超苦痛で就寝休憩は出来ませんでした。


上海へ帰還すると晩ご飯はタマちゃんと合流し

最近、通い続けているお寿司屋さんへ。

IMG_2343IMG_2345

軽ーく生中で喉の渇きを癒やしたら即お奨め日本酒コースへ。

IMG_2347

予約を入れていたら大将を気を遣って我々の為に

光りもののコハダをキープして於いてくれました。

こういう心配りがありがたい。

IMG_2352

二次会はタマちゃんに(.人.)写真を送って貰うことを

条件に接待届けの名前貸しして私は丁度良い程よい気分で

ホテルへ帰りました。カミュー。


 


はーど・ぼいるどEpisode179 その̪肆。

中国滞在四日目は嘉興から新幹線で臨海まで移動です。

IMG_2309
乗車時間は大凡3時間で列車内で食堂車を利用する気には

なれませんでしたので乗車前に簡単な昼食を頂きます。

IMG_0895

今回もビジネスシートが確保できたため

フルフラットにして食後の惰眠をむさぼりつつ臨海へ。

列車内のアナウンスを聞き逃しあわや乗り過ごしそうになりました。

IMG_2310

臨海では新規のお客様を訪問しその晩は今回訪中メインの

イベントとして大酒宴大会です。
IMG_2312
赤ワイン6本を5名でグラスに注がれたものは一気のみ大会です。

IMG_2314

これが白酒なら確実に死んでいました。

カミュー。

 


はーど・ぼいるどEpisode179 その参。

中国滞在三日目は丹陽でのホテルを引き払い

午前中客先を二社訪問し丹陽で昼食を済ませて後に

嘉興へ移動いたします。

時間効率を考え高速近くの韓国料理店を選択したことが

逆に裏目になり時間を大幅にロスすることになるのでした。

IMG_2296

食後の高速は眠気を誘うため梅村でルーティーンを行いつつ

小休止し嘉興へ向かいます。

嘉興到着は16時でホテルにチェックイン。

その後、18時~嘉興一大きいと言われるショッピングウォールで

晩ご飯頂く事にいたしました。

IMG_2302

初めて訪れた場所のため少し散策してみましょうと言うことで

各フロアーを探索していると…

IMG_2298

「あれ?変なシルエットを発見!?」

「まさかなぁ…」

「これ絶対また読者から**モンでは無くパチモンと言われるんだよなぁ。」

IMG_2297

パチモンが勧誘するレストランはパスして

ステーキハウスで名物リブステーキを頂くことにいたしました。

「焼き方は?」と聞かれたため「ミディアム。」と答えると

「え?」と全く通じません。

IMG_2305

中国では0%→30%→50%→70%→100%というような感じで

オーダーするらしいです。

 

食後はまだホテルで休むと言う気にはなれなかったため

健全マッサージへ向かいました。

この旅行鞄には何がつまっているのだろう。

IMG_2306

ファイアーを撮影していると気を遣って熱い熱いと言っても

全く火を消して貰えずにまったく困りました。カミュー。

IMG_0892


はーど・ぼいるどEpisode179 その弐。

中国滞在二日目、丹陽ワーキングは朝から雨です。

ジメジメはしんどいですがこの雨のお陰で気温が抑えられるため

先月38℃を経験しているとまだセーフという感じです。

IMG_0885

午前中で二社をこなし昼食はいつもの阿里朗で

スンドゥブを頂きます。

IMG_2294

午後は訪問予定四社を五社に引き上げ翌日のスケジュールが

少しでも緩くなるように調整いたします。

トラブル対応では無く毎月の定期客先訪問のため

面談時間はお互いついついユルユル対応になってしまいます。

IMG_0886

今晩も身内会食になったため昼食と同じ阿里朗で

軽ーい晩ご飯を頂き今回の出張でメインイベントに備えます。

IMG_2295

カミュー。


はーど・ぼいるどEpisode179 その壱。

中国では三連休の最終日に定期の訪中日程をこなすことになりました。

セントレア→浦東→虹橋と移動し丹陽へ向かいます。

虹橋駅は連休にお出かけした人たちでごった返していました。

IMG_0877
IMG_0879

丹陽までの新幹線チケットも人数分全ては確保できず

結局、キャンセル待ちで2名分しかビジネスクラスの確保は

出来ませんでした。

IMG_0881
丹陽に到着するとJと合流し定宿にチェックイン。

この段階で16時を過ぎしてしまうためそのまま

廃れ始めたショッピングウォールに向かいで

身内のチームのみで晩ご飯を頂きます。

IMG_2290

出来るだけいつもと違う物をオーダーしましょうという事になり

私はヘルシーな野菜系をお願いしこのように成りましたが

IMG_2292

因みに動物性タンパク質はコレになりました。

IMG_2293

カミュー。

 


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

パントレ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ